~ うつ病と診断されるまで《受診1》 ~

みやびです🌻

 

私は、2019年に重度のうつ病を発症し、今は双極性障害で闘病中です。

私の仕事は『社会保険労務士』。

 

自らが、働き方や残業、ストレスチェックメンタルヘルス対策とご案内しながら、

自身がメンタルを患い苦しむことになりました。

 

うつ病は、気づかないうちに心身ともに蝕んでいく病気。

公私を問わず、さまざまな条件が重なり過度なストレスがかかることで発症するのでしょう。

重度のうつ病を発症して、無意識に自ら命を絶つ選択をする場合もあります。

何らかのSOSは発信していますが、周りには気づかれにくい病気だと思っています。

 

私が診断に至るまでの経緯を綴っていきます。

 

身体からのSOSを無視して動けなくなった私。

主人に付き添われ、地域ではそれなりに知られている心療内科へ。

 

しんどい中、診察前に研修医の人に話をすることになり、

抑えきれず泣きながら事の経緯を話しました。

そこで、診察の時にもいくつか聞かれると思いますので。。

と言われていたのに、最初から同じ説明をすることに。

 

全く顔を見ることなく、パソコン画面と話しているようでした。

身体の不調から、メンタル的にもダメージを受けていた私には、

キツく冷たい先生と感じました。

先生は、若い男性の方で研修医の指導も行っているんでしょうが、

何の説明も無しに研修医に説明している感じでした。

いいんです。

私のケースが、実務経験の一つとして経験していただいたら、

でもね、ナイーブでデリケートな内容なので、

診察室に入ったときに一言教えてください。

※ 個人的な感想・意見です。

 

この時に先生に言われた一言。

認知行動療法】をしていきましょう。

この本(2つくらいタイトルを言われたと思います。。)

 

そんなこと出来る体力なんて残っていません。

 

ましてや、2週間後に予約を入れておきますね。

次は僕じゃありませんけど、て。

 

私は、この病院に来たことを後悔して、

予約日は、ここには行かないと駄々をこねまして、

主人と相談し自己転院しました。