~ うつ病と診断されるまで《受診2》 ~

みやびです🌻

 

私は、2019年に重度のうつ病を発症し、今は双極性障害で闘病中です。

私の仕事は『社会保険労務士』。

 

自らが、働き方や残業、ストレスチェックメンタルヘルス対策とご案内しながら、

自身がメンタルを患い苦しむことになりました。

 

うつ病は、気づかないうちに心身ともに蝕んでいく病気。

公私を問わず、さまざまな条件が重なり過度なストレスがかかることで発症するのでしょう。

重度のうつ病を発症して、無意識に自ら命を絶つ選択をする場合もあります。

何らかのSOSは発信していますが、周りには気づかれにくい病気だと思っています。

 

私が診断に至るまでの経緯を綴っていきます。

 

身体からのSOSを無視して動けなくなった私。

病院を変えて新しいところへ。

そこでは、ベテランの先生が主治医のようでした。

もちろん、この席にも主人は同席しています。

 

診察室へ入って顔色を見るなり、『しんどそうやね』と。

問診票を見ながら細かく質問をしてくれた先生。

 

そこで出た言葉は、

『本格的なウツになる前に軽くなるようにしましょう』でした。

このとき、うつ病と診断されました。

 

転院した経緯も合わせて話をすると、

『この状態で、認知行動療法は早すぎる。』

 

そう、この認知行動療法の本、義務感から読んだんです。

『読んだけど、出来なかった。。』

 

『よく頑張ったね、しんどかったね。』

この言葉、共感してくれたことが嬉しかった。

分かってくれる人がいることがありがたかった。

 

診察後、主人と良い先生とで会えたねと、話しながら帰りました。

 

 

www.mhlw.go.jp