~ うつ病と診断されて《受診3》 ~

みやびです🌻

 

私は、2019年に重度のうつ病を発症し、今は双極性障害で闘病中です。

私の仕事は『社会保険労務士』。

 

自らが、働き方や残業、ストレスチェックメンタルヘルス対策とご案内しながら、

自身がメンタルを患い苦しむことになりました。

 

うつ病は、気づかないうちに心身ともに蝕んでいく病気。

公私を問わず、さまざまな条件が重なり過度なストレスがかかることで発症するのでしょう。

重度のうつ病を発症して、無意識に自ら命を絶つ選択をする場合もあります。

何らかのSOSは発信していますが、周りには気づかれにくい病気だと思っています。

 

うつ病と診断されてからの経緯を綴っていきます。

 

転院先の病院は年末から通院し始めました。

このころ、あくまでも過労と主張し続けた私。

 

でも、一向に改善が見られなかったのでしょう。

それもそのはずです。

【消えたい】、【自ら命を絶ちたい】などと言っていたようですので。

※ 直接的な言葉は使用しません。

 

そこで入院の提案がされました。

結婚式を控えていたため、そこまでは頑張ることに。

でも正直、結婚式のときのことは一切覚えていません。

覚えているのは、結婚式が終わったあと、

倒れるようにして身体の力が抜けていったことだけです。

 

結婚式の様子は、親友たちが撮影してくれた動画や写真、当日担当してくれたカメラマンさんが撮影してくれた写真でしかわからないのです。

そして、それは今でも思い出せないのです。

 

結婚式が終わった後の診察で、入院の話が本格化していきます。