~ 双極性障害と生きる《1》 ~

みやびです🌻

 

私は、2019年に重度のうつ病を発症し、今は双極性障害で闘病中です。

私の仕事は『社会保険労務士』。

 

自らが、働き方や残業、ストレスチェックメンタルヘルス対策とご案内しながら、

自身がメンタルを患い苦しむことになりました。

 

うつ病は、気づかないうちに心身ともに蝕んでいく病気。

公私を問わず、さまざまな条件が重なり過度なストレスがかかることで発症するのでしょう。

重度のうつ病を発症して、無意識に自ら命を絶つ選択をする場合もあります。

何らかのSOSは発信していますが、周りには気づかれにくい病気だと思っています。

 

 

重度のうつ病を発症し、状態が安定する今まで色んなことがありました。

まず、その現実を受け入れることは、簡単ではありませんでした。

受け入れなければ先に進めないことも理解はしてましたけど。

それは、どんな病気も同じだと思いますので。

 

受け入れることが出来たとき、向き合うことになります。

正直、苦痛でしかありませんでしたね。

だって、治るとか治らないとかってことではなく、

どんな状態のときであれ自分自身ですから。

私の場合は、うつ病の方が先だったのでうつ状態はだいたい。。

躁状態のときは良くなった(治った)と勘違いして行動するわけで。。

 

ようやく向き合うことが出来たとき、付き合っていく覚悟というところでしょうか。

正直なところ、主治医から私の場合は薬を中断したら絶対再発する。という、

妙なお墨付きを頂戴しているので、再発しないように増薬にならないように、

極力、過度なストレスのかかる刺激は最小限に抑えることを考えましたね。

(生活するうえでストレスのない生活は無理なので。)

 

長期戦ですよね。

現在の薬の状態も、これだけはという量まで減薬できているので、

維持できるようにしていくしかありません。

今のところ、失声状態が続いているので強度のストレスのかかるような場所への

お誘いはお断りするようにしていますね。

 

これから、双極性障害という病気と共に生きていく生活を綴っていきます。